会員専用

佐賀県公認心理師協会について

会長よりごあいさつ

 「佐賀県公認心理師協会」は、「佐賀県臨床心理士会」が令和元年に名称を変更して設立された一般社団法人の職能団体です。民間資格の「臨床心理士」がベースとなる価値観を持つ元の会員と、国家資格の「公認心理師」という新しい価値観を持つ会員が融合した団体となりました。当協会の変遷はエリクソンの発達段階に例えると、さしずめ「青年期」にあたるのではないかと私は考えています。従って、職能団体としての自我同一性がどのように図られるかが現在の課題になると思います。
 様々な分野で、心理的健康の維持や援助を必要とする国民の負託にこたえることが、私たち心理職の使命です。その期待に耐えるには、経験の蓄積に裏打ちされた知識と技量が必要であり、常に新しい情報を得る努力を継続していかなければなりません。当協会は、会員の質の維持、向上を担保する役割を担い地域社会へ貢献していきたいと考えています。そのためには、会員間でお互いの考えや意見を率直に対話し腕を磨く対等な関係性が育まれることが理想です。私は多くの会員に協会の活動に参加していただき、切磋琢磨しながら自らが心理職としてのアイデンティティを確立していける団体でありたいと思います。
 関係の皆様におかれましては佐賀県公認心理師協会に対してご指導とご支援をいただきますようお願い申し上げます。

 

一般社団法人佐賀県公認心理師協会
第2期会長 德永 剛志