会員専用

佐賀県公認心理師協会について

会長よりごあいさつ

 「公認心理師」が誕生しました。心理職の国家資格化は私ども臨床心理士にとって、長年にわたる悲願でありましたが、関係の皆様の御理解と御尽力によりようやく実現することができました。会員を代表して、心より御礼を申し上げます。
 さて、国家資格にしていただいた「公認心理師」は、今後これまで以上に社会に貢献するという形によってこのご恩に報いなければならないと考えています。
 これまで以上に「国民の負託」を意識し、援助を必要とする国民の側を尊菫し、業務に当たることが国民の負託にこたえることにつながると考えています。今後は、国民全体の心の健康の維持増進への貢献についても求められるようになりました。広く情報発信や啓発に協力していく活動にも取り組んでまいります。
 「国民の負託」に応えるとの意識は、始まったばかりの公認心理師として最初から肝に銘じるべきことであり、これから長い年月をかけてこのことの意味を考え、具現化することが必要です。国民の目線で公認心理師活動を点検し、自己を評価し、改善を加えて活動する、この繰り返しを実践していきたいと考えております。
 一般社団法人佐賀県公認心理協会は国家資格である「公認心理師」と、これまで社会的に広く認知された民間資格である「臨床心理士」資格を有する者たちからなる職能団体です。昨年度までは佐賀県臨床心理士会として活動した仲間がそのまま本協会の会員となっております。これまで以上に地域社会への貢献を意識した団体でありたいと願っております。
 佐賀県公認心理師協会の設立に当たりまして、関係の皆様の御支援と御協力をよろしくお願い申し上げます。

 

一般社団法人佐賀県公認心理師協会
会長 髙尾兼利